第二回ふくのさと祭り
日本人の豊かな美意識と価値観は、長い歴史のなかで伝統文化として育まれ、私たちの生活に根づき、守り伝えられてきました。2011年3月の東日本大震災の後に、そうした失ってはいけない大切な福島を継承する場が少なくなってきています。「ふくのさと祭り」は、文化の重要性を若い世代に発信し、興味を持って参加して貰う機会を作り、継続の切っ掛けになることを目標としています。さらに福島市内から避難されているご家族の皆さまにもお声を掛け、「ふくのさと祭り」を通して沢山の市民の皆さまに参加して頂くことにより、郷土福島の良さを再確認し、市街地に活気が戻ることを目指しています。
◎日時:2014年11月8日(土)午前11時〜午後4時(中合ツイン広場は午後7時まで)
◎会場:福島駅前通り・中合ツイン広場(入場無料)雨天決行(雨天時の民族芸能ステージは中合ツイン広場ステージに変更になります)
◎主催:伝統文化みらい広場実行委員会・ふくのさとフェスティバル実行委員会
    https://www.facebook.com/fukunosato
◎共催:福島市教育委員会・一般社団法人伝統文化みらい協会
◎協賛:株式会社トーネット・一般社団法人伝統文化みらい協会・さをりひろば福島・認定NPO法人えんじょいらいふ福祉会・
 有限会社松屋・音連れ・橘正鳳・藤蔭茂樹・花柳沙里樹
◎助成:文化庁
◎後援:福島県・福島市・福島商工会議所・福島駅前通り商店街振興組合・福島民報社・福島民友新聞社・河北新報社・
 福島リビング新聞社・NHK福島放送局・福島テレビ・福島中央テレビ・福島放送・テレビユー福島・ラジオ福島・
 福島コミュニティ放送FMポコ
◎福島市商店街等復興イベント推進事業補助対象事業
◎事務局:伝統文化みらい広場実行委員会(花柳) TEL 024-534-1143 MAIL miraihiroba@gmail.com
Let's enjoy tha japanese !
福島の民族芸能ステージ(一)
双葉郡浪江町の「浪江請戸の田植え踊り」や、福島市大波地区の「大波の三匹獅子舞」など、子供が舞う民俗芸能を中心に、震災を乗り越えて活動を再開した、感動の芸能を披露します。
◎午前の部:浪江請戸の田植踊と霊山太鼓のオープニング、霊山太鼓、大波住吉神社三匹獅子舞
◎午後の部:浪江請戸の田植踊、奥州白河歌念仏踊、豊間の獅子舞、梁川除石観音様の獅子舞
◎解説:懸田弘訓(かけたひろのり:福島県文化財保護審議会委員)
浪江請戸の田植踊
浪江町請戸は、県内でも古い歴史を誇る港があることで知られ、この地の田植踊は、もと青年会が継承していましたが、近年は小学4〜6年の女子児童で、2月第3日曜日の鎮守くさ野神社「安波祭り」に、社殿前と海岸の祭場で踊っています。県内ではもっとも芸能化が進んだ美しい踊で、文化財としての価値も高い。震災で請戸地区は全戸が流出して144名が亡くなり、しかし、皆さんの熱意で震災4か月後の平成23年7月には練習を始め、子供達は元気に頑張っています。
浪江請戸の田植踊
梁川除石観音様の獅子舞
福島市指定無形民俗文化財のこの獅子舞は、宮城県境に近い梁川町山舟生字除石52番地に建立される十一面観世音菩薩様を祀る観音堂に400年以上伝わり、地区イベントのアジサイ祭り、敬老会、羽山神社秋季例大祭などで発表されます。年配者からは悪魔退治といわれ、踊りの途中に大勢の人が花を投げ入れます。子供の減少で継続の不安があるものの、伝承芸能の意義と触れ合いを大切にし、五穀豊穣・国家安泰・無病息災を願って継承に努力しています。
梁川除石観音様の獅子舞
大波住吉神社三匹獅子舞
福島市内に残る唯一の「獅子舞」で、昭和37年に福島市指定の無形民俗文化財であり、大波地区の住吉神社で行われる秋の例祭で、秋の実りに感謝し、五穀豊穣を祈願するのが目的で、その際に獅子舞が奉納されます。オヤ獅子、ナカ獅子、コ獅子の三匹と道化役の道六が、御礼の舞、参拝の舞を含めて9曲を奉納し、道化が持つ火伏せにふれると子供が授かると伝えられ、三匹の獅子と道六は少年がその役を務め、少子化と原発事故により存続が困難な状況が続いています。
大波住吉神社三匹獅子舞
霊山太鼓
霊山太鼓は、江戸時代寛文年間が始まりといわれ、信達地方(福島・伊達)で独自の発展を遂げ、継承されてきた伝統ある太鼓で、町内には約60組の太鼓が保存継承されています。霊山太鼓の特色は、桐の太く短いばちを高く上げ華々しく大太鼓を連打する“曲打ち”にあり、全国的にみても勇壮活発なうえに技巧的で華やかに磨きあげられた祭囃子の代表的な型だと評価されています。曲目には「通り囃子」や豪快で華やかな「打ち囃子」、しっとりとした「中切り」など変化に富む10数曲を伝えています。
霊山太鼓
奥州白河歌念仏踊
白河市を中心に寺の縁日などに行われ、歌い手は念仏を唱える「音頭」と、鉦(ばち)を叩きながら南無阿弥陀仏と唱える「うけ」に分かれます。種目は多く、七福神や万歳などの祝い物から、阿波の鳴門、忠臣蔵、弁慶、信太の森などの語り物まで20種ほどを伝え、踊りはオヤ、シヘン、ナガシの三部に分かれ、オヤとシヘンは扇子を持ち、ナガシは素手で躍動した踊りになります。供養念仏の姿をよく残してはいるものの、現在では年長者の娯楽として生活に深く溶け込んでいます。
奥州白河歌念仏踊
豊間の獅子舞
いわき市豊間諏訪神社で約360年にわたり伝承されている獅子舞。船頭さんが漁を行う上での海上安全や大漁祈願を願い、地域の人々に呼びかけて踊り始めたのが起源とされています。2匹の雄獅子が1匹の雌獅子を奪い合う「はらすえ」や、「おかざき」「さへい」「にらみ」「ゆみ」の5種があり、ダイナミックで躍動感いっぱいの舞が特徴。同神社の獅子舞は漁村らしく、かつては船主や船頭宅などを1軒ずつ回り、事業所なども回っていましたが、震災で披露場所も被害を受け数少なくなっています。
豊間の獅子舞
pagetop
伝統文化体験(二)
日本舞踊、三味線、尺八、茶道、織物など、日ごろ触れる機会が少ない伝統文化を分りやすく楽しく体験できます(一部有料)。
◎大堀相馬焼き ◎さをり織りと尺八 ◎長唄三味線 ◎茶道 ◎日本舞踊 ◎糸つむぎ体験 ◎着物着付け体験
大堀相馬焼き
さをり織り
日本舞踊
pagetop
マーケットブース「福の市」(三)
ミニ盆栽、手ぬぐい、有機野菜、さをり織り、和菓子など、福島の「ものづくり文化」を感じる12店舗が出店する「福の市」マーケットを開催。
◎アートさをり ◎オーガニックふくしま安逹 ◎かーちゃんふるさと農園わいわい ◎コットンプロジェクト福島 ◎染織工房れんが ◎LIFEKU ◎seeds bakery ◎二本松有機農業研究会 ◎和菓子 駒屋 ◎工房あせりな ◎ぼんさいや「あべ」◎女子の暮らしの研究所
アートさをり
指定就労継続支援B型事務所として、キズも模様、ムラも芸術、好きに織り、個性をぶつけて差異を織ることで自己実現を図ることを理念に活動しています。
〒960-8254
福島市南沢又字前田5-27
TEL 024-559-3465
http://www.artsaori.net
アートさをり
オーガニックふくしま安逹
「オーガニック&ナチュラル」をテーマに、人と環境に優しく、地域の素材を活用した有機野菜や発泡酒、果実酒など、農業とモノづくりに取り組んでいます。
〒964-0201
二本松市戸沢字西高内120
TEL 0243-46-2132
http://nanaxsa.exblog.jp
オーガニックふくしま安逹
かーちゃんふるさと農園わいわい
福島市の駅前通りで産直カフェを運営。かーちゃんたちが育てた新鮮野菜や、県内から集めた生産者と消費者を「つなぐ」品物を取り扱っています。
〒960-8031
福島市栄町10-3 キッチンガーデンビル1階
TEL 024-573-2634
http://fuku-kachan-net.com
かーちゃんふるさと農園わいわい
コットンプロジェクト福島
福島で有機栽培された綿花を原料に衣服や綿製品、小物に加工し、綿花の栽培から製品づくりまで、持続可能なライフスタイルと循環型社会を提案しています。
〒960-0111
福島市丸子字町裏17-1-103
TEL 050-3464-9744
http://wataya07.web.fc2.com
コットンプロジェクト福島
染織工房れんが
世界に誇れる日本のファッションの草分け的存在、喜多方市の染型紙「会津型」。市の有形民俗文化財に指定され、芸術性の高い細微な絵柄が貴重とされ、その価値が見直されています。
〒966-0819
喜多方市一丁目4536
TEL 0241-22-4131
染織工房れんが
LIFEKU
ライフクは、福島に来る、福が来る、福島に暮らすの意味。福島の商人同士が協力・共存し、商業振興と社会貢献を行い、福島のセンスとスタイルを県内外に発信します。
〒960-8041
福島市大町9-12 OPTICAL YABUUTHI内
TEL 024-552-2659
http://www.lifeku.jp
LIFEKU
seeds bakery
カンパーニュ、マフィン、ラスクなど、いつもより少し時間をかけて食事をしたり、ゆっくりとお茶の時間を楽しんだり、そんな時間にぴったりのパンです。
〒960-1106
福島市下鳥渡字扇田30.3
TEL 024-597-6800
http://saga-d.co.jp/seedsbakery/
seeds bakery
二本松有機農業研究会
昭和53年発足以来、健康と環境を守るために有機農業に取組み、自給と田舎を守り育てることを大切に生産販売活動を続けています。2003年第8回環境保全型農業コンクール農林水産大臣賞受賞。
〒964-0874
二本松市中里111-1
TEL 0243-22-4272
二本松有機農業研究会
和菓子 駒屋
全国でも珍しい、江戸時代の女性が芝居見物の幕間に楽しんだ「江戸番重菓子」の専門店。季節感を大切にし、先代から受け継いだ味を守り続け、茶に添えて、舌と目で感じる伝統文化を今、貴方へ!
〒960-8036
福島市新町1-19
TEL 024-522-6271
和菓子 駒屋
工房あせりな
昔ながらの生紙(きがみ)に拘り、煮上がった原料「楮」をひたすら叩いて繊維を細かくし、江戸時代と同じ手法で作る、混ぜ物、漂白なしの手漉き和紙。
〒963-7781
田村郡三春町北成田字手倉134
TEL 0247-73-8805
aserina3yo@yahoo.co.jp
工房あせりな
ぼんさいや「あべ」
吾妻山に自生する「吾妻五葉松」の盆栽を3代に渡り種から育て、吾妻山のワイルドな自然をモチーフに、幹と枝、間による「空間有美」を表現します。
〒960-2262
福島市在庭坂字古屋敷10-1
TEL 024-591-1638
http://bornsairenaissance.web.fc2.com
ぼんさいや「あべ」
女子の暮らしの研究所
震災後の福島の女性がこれからをどう生きるのか。福島の今を発信しながら、「耳をすましてほしい」と、会津木綿を使用したオリジナルピアスや手作り雑貨などを制作・販売。
〒964-3100
福島県耶麻郡猪苗代町上村西1502-2
MAIL info@girls-life-labo.com
http://www.girls-life-labo.com
女子の暮らしの研究所
pagetop
ツインステージ(四)
日本舞踊花柳流里の子会、アートさをり☆ALL STARS による華やかなステージ。
◎日本舞踊花柳流里の子会 ◎アートさをり☆ALL STARS ◎日本舞踊体験 ◎三味線体験
日本舞踊花柳流里の子会
「日本舞踊花柳流里の子会」は、文化庁委嘱事業「伝統文化こども教室」に集い、教室修了後も日本舞踊を続けたいと望む子供達により2005年に発足。花柳沙里樹師の指導のもと、約30名の子供達が在籍し、震災直前の2011年2月、第19回新舞踊民踊全国大会(仙台)の一般の部で文部科学大臣賞を受賞。
日本舞踊花柳流里の子会
アートさをり☆ミ ALL STARS
平成12年に小規模作業所として開所した「アートさをり」は、指定就労継続支援B型事務所として、キズも模様、ムラも芸術、好きに織り、個性をぶつけて差異を織ることで自己実現を図ることを理念に活動しています。歌い、踊り、笑って楽しむパフォーミング・アーツも「アートさをり」の活動のひとつです。
アートさをり☆ミ ALL STARS
pagetop
フードブース「福の味」(五)
二本松のざくざく汁、会津のこづゆ、など福島のおいしい郷土料理と福島の素材を使ったおいしい料理とお酒が楽しめる飲食ブース「福の味」
◎二本松のざくざく汁 ◎会津のこづゆ ◎地酒 他
二本松のざくざく汁
会津のこづゆ
地酒
pagetop
親子しめ縄作り(六)
川俣・山木屋地区の名人が教える「しめ縄作り」。手作りしめ縄でお正月を迎えよう。
◎1回の定員15名様(先着順・無料) 1回目11:00~ 2回目13:00~ 3回目14:00~
しめ縄作り
特典
pagetop
会場図
会場図
pagetop
タイムスケジュール・文化体験スケジュール
タイムスケジュール・文化体験スケジュール
協賛:株式会社トーネット協賛:株式会社トーネット
協賛:一般社団法人伝統文化みらい協会協賛:一般社団法人伝統文化みらい協会
pagetop